40代になると出会いが少ない

20代のうちは友人の紹介や合コンに誘われる機会も多く、異性と知り合うきっかけがあったけれど、年を重ねていくうちに周りに既婚者も増え、どんどんと出会いも減ってくるものです。
40代で婚活をする上で年齢がネックになり、年齢だけ見ると20代、30代の人よりはあまり良い条件でないのは事実なので仕方がありません。
しかし、40代は経済的にゆとりがある、人生経験が豊富で頼りがいがあるなど20代、30代にはない良さがあります。
あまり年齢のことは考えすぎず、前向きな気持ちで婚活を進めていくことが大切です。
日常生活での出会いは難しいですが、結婚相談所やネット婚活サイトを利用するなど、自分から出会いを求めるような行動を起こすことが大切です。

理想が高くなりがち

今までに色々な出会いをしたり、恋愛経験を持つ40代の婚活では、どうしても相手に多くのことを求めすぎ、理想が高くなりがちです。
女性の場合は自分も仕事を持ち、ある程度の収入があると結婚相手にも同等か、もしくはそれ以上の収入を求める人もいます。
またライフスタイルが確立されており、自分のペースを乱したくないとして相手にも同じ生活を求める傾向にあります。
しかし40代に限らず、あまりに条件を厳しく決めすぎるとなかなか自分に合う相手には出会えず、結局いつまでも婚活を続けることになりかねません。
自分の中で最低限譲れない条件を決め、あとは相手に歩み寄ってお互いに妥協点を見つけることが大切です。

健康面で不安がある

40代になるとどうしても体力が落ち、今まで不規則な生活をしてきた人なら病気にかかったりして健康を損なう人が増えます。
20代や30代前半の人が40代の人をみると、身体は健康かなと心配されてしまうものです。
また不摂生が祟って肥満気味の人は、自己管理がしっかりとできない人とみなされて異性にもあまり人気がありません。
日頃の食事や生活習慣を見直し、バランスと取れた食事と適度な運動を行うなど規則正しい生活を送るように心がけましょう。
出会いは第一印象も大切なので外見的に若々しく、健康的に見える40代婚活中の人なら20代、30代の人にも魅力を感じ、よい出会いにつながる可能性も大いにあります。

このページの先頭へ